MENU

え?一眼レフカメラに安い時期はあるの?

一眼レフカメラは安定した価格を維持していますが、新製品が出る頃に旧型は多少安くなります。

 

安くなる幅は販売店同士の価格競争が激しい地域ほど安くなる傾向があります。

 

また販売店の在庫量でも安くなる幅に差が出ることもあります。

 

一眼レフカメラに安い時期はある?

 

一眼レフカメラの価格は相対的に安定していますが、車と同じで高性能の新製品が出る頃に旧製品は安くなる傾向があります。

 

販売店も大量にメーカーから仕入れると多少安くはなりますが、早い段階で新製品が出ると旧型を放出することになります。

 

一眼レフカメラの買い時は以下のようにしましょう。

 

高性能カメラの販売が始まるころ旧型を狙う

 

旧型の在庫整理は安い

 

近隣の販売店が安売りしているとき

 

大型店の旧型在庫を多く持っている可能性

 

こうした価格変動も価格の5%から10%位までですが、在庫を大量に抱えている販売店は早く放出するためにダンピング額も大きくなります。

 

しかし小さい販売店はそれほど金額を下げる必要がないのは仕入れが少ないからです。

 

一眼レフカメラの購入は以下のようにするべきです。

 

本当に気に入っているなら高くても買う

 

カメラは欲しいと思ったときが買い時

 

人の手で触られているのは低価格の場合が多い(機械ものは避ける)

 

自分が購入するカメラを人に触らせるのが嫌な人は店頭に並ぶカメラを買うことはありませんが、店頭商品のみの場合は他の店に行くでしょう。

 

このような人はこだわりが強く、誰にも触られたことのないカメラを所持したいのです。

 

新機種が出たときはそれ以前の一眼レフカメラの値段は落ちる?

 

一眼レフカメラの新機種が販売されるときは旧型のカメラは間違いなく安く販売されます。

 

しかし安くなる時期が一般消費者にわからないようになっています。

 

一眼レフカメラを購入する方法は以下のようにしましょう。

 

新製品を販売する時期

 

在庫処分を待って購入する

 

大型店ほど在庫を抱えている

 

価格は流動的で交渉することも可能

 

高性能新製品が発売されることが決まると旧モデルは価格が下がりますが、旧モデルの在庫を持っていない店ほど新製品が安くなることもあります。

 

しかし高性能モデルは手に持ってシャッターを切ってしまったら手放せなくなってしまうこともあります。

 

気に入ったモデルは欲しいと思ったときが買い時かもしれません。

 

ボーナス前、ボーナス後、年始、年末どの時期が最も安い?

 

一眼レフカメラの購入時期はボーナス時には買い時ではありません。

 

カメラを安く買う方法は販売店の気持ちにならなければわかることはありません。

 

一眼レフカメラの購入時期は以下のようにしましょう。

 

小規模の販売店を狙う(従業員3人位)

 

最安値のカメラは新古品

 

年末年始の売れない時期を狙う

 

在庫が少なければ価格は安定している

 

大型店の価格動向を見守る

 

一眼レフカメラは安くても展示品は避ける

 

カメラの展示品は扱い方がわからない人も手に持って好き放題していますので買わないようにしましょう。

 

一眼レフカメラは意外と長く使えるので、後で悔やむようなことがないように価格に惑わされずに購入しましょう。

 

中古の一眼レフカメラは安くなる時期がある?

 

中古の一眼レフカメラは性能的に問題があるものが結構多く、購入する際はしっかり点検しましょう。

 

一眼レフカメラの扱いは慣れない人はボディー内部にほこりや傷が入っているケースが多くあります。

 

中古の一眼レフカメラを購入するときは以下のようにしましょう。

 

カメラを写して性能を調べる(可能であれば)

 

中古の試写ができないカメラは買わない

 

性能に自信があると試写はできる

 

設定価格から値が下がるカメラは買わない

 

カメラの販売店は処分したい中古カメラを早く販売したいときほど余分な値下げをしてきます。

 

こうしたカメラは性能的に問題がありあまりお勧めできません。

 

カメラは性能に欠陥がないときはそれほど価格が下がらないと考えましょう。

 

一眼レフカメラの安い時期を狙うには型落ちを待つしかない

 

一眼レフカメラの購入は価格で購入するか性能で購入するか自分自身で決めなければいけません。

 

価格で購入するのならオークションで十分ですが、逆に性能で購入を決めるのなら型落ちでも十分です。

 

一眼レフカメラの購入は以下のようにしましょう。

 

必要に駆られて購入する(価格度外視)

 

安ければ良い(オークション)

 

性能を買うのなら新モデル

 

カメラを安価で買うと失敗する危険性

 

カメラは性能重視で購入する(新製品)

 

性能重視で新品(旧モデル)

 

一眼レフカメラの扱い方を知らない人が多くいますが、このような人が下取りするカメラは購入対象から外します。

 

中古カメラの価格が高くてもプロが使用するカメラは安心です。

 

一眼レフカメラの新商品が発売される時期は?

 

一眼レフカメラは新商品が販売される頃は旧モデルが多少安くはなりますが、安くなるのは理由があって旧モデルの展示品を買う人はあまりいません。

 

新商品は運動会シーズンの秋ごろに多いと言って良いです。

 

これは車でも同じなのですが、旧モデルと新モデルで50万円の差があっても新モデルを購入する人が後を絶ちません。

 

このようなことは踏まえてカメラの購入時期は以下のようにしましょう。

 

販売店に在庫が多くあると他店より安い

 

カメラ需要が高いときは意外と高い

 

消費者の懐が寂しいときは結構安い

 

新モデルが出ても旧モデルが1台だけなら安くはない

 

こうしたことが考えられますが、カメラを安く買うのは販売店の気持ちになることです。

 

在庫が多いほど安くしますが、それほど多くないときは価格もある程度にしかなりません。

 

従って一眼レフカメラの購入時期は欲しいと思った時期が買い時です。

 

初心者が一眼レフカメラの撮り方を上手くなる方法


写真家 高崎勉さんの初心者向け一眼レフ講座です。


ピントを合わせたい場所に自由に合わせる方法

逆光でも顔を明るく撮る方法

カメラの設定手順を動画で丁寧に解説

自己満足でなく見る人を感動させる写真の撮り方

など初心者でもすぐに使えるテクニックが解説されています。


今だけシーン別レンズの選び方の解説テキストなどの特典がついてきます。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット