MENU

一眼レフカメラ使い方のおすすめ4つの本!初心者も劇的レベルアップ

一眼レフカメラは用途が広く使い方を覚えるまで時間が必要になってきます。

 

カメラは絞りとシャッタースピードを使い分けると撮影に幅が出てきますが、初心者の人には難しいかもしれません。

 

カメラが初めての人でも読めばわかる教科書があれば無理なく覚えられます。

 

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書

 

一眼レフカメラの教本は数多く販売されています。

 

中でも目を引く教本で「世界1わかりやすいデジタル一眼レフカメラ」です。

 

著者 中井清也さんは初心者にもわかりやすいカメラの説明と要点を解説しています。

 

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書の内容は以下のようになっています。

 

何をどう撮るか?

 

被写体に強いカメラ設定

 

光の読み方

 

秘伝! 3つの武器を使う

 

どう撮るか? 必殺ワザ25

 

以上の内容を事細かく説明しています。

 

一眼レフカメラを初めて使う人には写真の取り方から入門する内容ですが、他の教材はカメラの扱い方から説明してります。

 

この教本はカメラの扱い方は説明書でわかるので写真の撮り方から説明しています。

 

一眼レフカメラの教本は以下のようなものが売れています。

 

カメラの扱い方はあまり書かれていない本

 

テクニック論が主流になっている本

 

カメラアングルの重要性

 

光の取り入れ方

 

綺麗に取るカメラ設定

 

こうしたことを主に書いていますが、購読する一般の人は一眼レフカメラを使えるものと解釈してテクニック論に終始しています。

 

確かにカメラを扱うのは意外と簡単ですが、撮影状況が変わるたびにカメラ操作を行うほうが難しいかもしれません。

 

写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟

 

デジタル一眼レフを買って初めのうちは面白くて撮りまくっていたのに、納得できる写真を撮る意欲がわかなってしまった、このような初心者が多いはずです。

 

また写真教室に行くのも億劫でいつしかカメラを手にしなくなった、このような初心者に最適な「写真が上手くなりたいなら覚えるべき50の掟」は以下のような内容です。

 

初めてカメラを手にした人向きではない

 

カメラに向上心がある人向き

 

各種設定や細かな使い方は機種ごとの解説本

 

必要最低限のコツが理解できる

 

記録写真の域から脱却したい人向き

 

はじめ一歩としてとても参考になる50の掟

 

応用して自分らしい絵を描く可能性が広がる

 

一眼レフカメラの扱い方は様々なテクビックがありますが、覚えきらない内に飽きる人をなくすための教本でもあります。

 

一眼レフカメラを操作する前に読むと必ず充実したカメラテクニックが伝授されます。

 

カメラは末永く使う一生ものですが、高度なテクニックが使える人の写真は一味違っています。

 

写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101

 

一眼レフカメラのオートモードを卒業したい人にうってつけの教本です。

 

カメラの高度な機能を再確認で来る優れた教本ですが、内容はシンプルに構成されて肝心な要点はしっかり説明されています。

 

写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101は以下の内容になっています。

 

思い描いたイメージで撮影したい

 

被写体をもっと見栄えよく見せたい

 

平凡な写真から脱皮したい

 

被写体に応じた知識と技術を身につけたい

 

ステップアップしたい初心者

 

写真表現に役立つ実践テクニック

 

「絞り」「シャッタースピード」「光」「色温度・色調」「レンズ」「構図」

 

見ごたえのある写真を撮るための以上の6つを親切丁寧に説明されています。

 

この教本を読むことで初心者脱出が早くなることは間違いないでしょう。

 

多くの機器は使い方をマスターしてから触るべきですが、一眼レフカメラはなおさらです。

 

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方編

 

デジタル一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方編は様々な人に読まれています。

 

この教本を購入する人は必ず1度はカメラに悩んだ時期があります。

 

使い方で悩む人の多くは以下のようになっています。

 

徐々に一眼レフカメラを使わなくなった

 

デジカメで間に合わせてしまう

 

一眼レフよりデジカメのほうがきれいに映る

 

このような人は一眼レフカメラを押し入れに入れたままになっているケースが多くあります。

 

一眼レフカメラは宝の持ち腐れで、このような人が最後に頼るのは以下の教本です。

 

世界一わかりやすい一眼レフカメラの教科書

 

相手に伝わる写真の取り方

 

写真想像力を鍛えて現場でもっと強くなる

 

レンズ感覚を磨く方法

 

伝わる写真の構図

 

写真の味わい感覚を決める「光」と「露出」

 

思いを伝える色と調子、ピント効果

 

写真がうまくなる秘訣は撮影後

 

マニアが写真を撮るのは自分が見るためでなく他人に見せるためですが、写真に撮影者の意図がくみ取れない写真ほど虚しいことはありません。

 

これらの根本的なことを変えてくれるのが一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方です。

 

多くの教本は購入後虚しくなることもありますが、この教本は必ず今後の撮影に大きく貢献するでしょう。

 

初心者が一眼レフカメラの撮り方を上手くなる方法


写真家 高崎勉さんの初心者向け一眼レフ講座です。


ピントを合わせたい場所に自由に合わせる方法

逆光でも顔を明るく撮る方法

カメラの設定手順を動画で丁寧に解説

自己満足でなく見る人を感動させる写真の撮り方

など初心者でもすぐに使えるテクニックが解説されています。


今だけシーン別レンズの選び方の解説テキストなどの特典がついてきます。



↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【カメラ3弾セット】3ステップで上手くなる!一眼レフ上達講座1~3弾セット